FC2ブログ
09 12 11







   2005年12月15日。
   突然にPIPIを失ってから今日で3年目をむかえました。



   08 12 15 1


   今日よりも、もっと寒かったような気がします。

   PIPIが亡くなった日
   これは夢に違いない。きっと朝が来たら私は目が覚めて
   またいつもと同じ日々が始まるに違いないって思いながら
   ダンナが帰って来るまでPIPIとジュニアとテトーと一緒にいたあの日が
   まるで昨日の事のような気もするしとっても昔の事のような気もします。
 


08 12 15 2


   あの時こうしていれば。10分早ければ。10分遅ければ。

   私がPIPI、ジュニア、テトーとの暮らしが始まることを
   今までの人生で1番幸せな事と思ったからなんだ。
   私は人生で1番の幸せなんて知ってはいけない人間だったんだ。
  
 

08 12 15 3


   そんなことばかり考える日々が続きました。
   ブログを始めてもすぐにはPIPIのことを書くことができませんでした。

   
   PIPIのことを泣きながら書いた日、みなさんのコメントを読みながら
   号泣したことを思い出します。



08 12 15 4


   今でもたまに無性にPIPIを抱き上げたい気持ちになることがあります。
   その時はジュニアやテトー、うたを抱き上げて笑えるようになりました。



   今日、仕事が終わってからPIPIのところに行ってきました。
   昨年とは違う私でした。

   PIPIを失ったことは私にとって辛い出来事でした。
   でも、その後、人間関係や仕事、夫婦の事で辛い事があっても
   PIPIの時のことを思ったらど~ってことないわ!このくらいのこと!
   って前向きに考えることができるようになった気がします。
   これはPIPIが最後にくれた贈り物です。

   
   ブログを始めていなかったらみなさんと知り合えていなかったら
   いまだに後ろ向きのままの私だったかもしれません。
   みなさん、本当にありがとう。
   


   さっさ!みなさん♪クイズ頑張って(^^)/

   『テトうーうちの子記念アン~~ドクリプレ企画』 のクイズは   
   続きを読むからも見ることもできます。
   わからないときはカン!感です♪


   追記: しましまさん  amiyanさん  おかかさん  ナナママさん
       GOTOさん   ノンさん   みけねこひめさん  ちびすけさん
       MIKOさん  イヴさん  おらさん  うたえちゃんさん
       のりみみさん  たれにゃんこさん  Yomogiさん  みみさん

       
       お答え受け付けました(^^)/
       お名前が抜けている方がいらしたらコラ~~~!
        って怒りながらご連絡くださいm(_ _)m 
 
   




         コメント前にポチっとお願いしますm(_ _)mかなり喜びます。私が(^_^;)      
                       
                  MIX多頭飼い


                                 ありがとニャン♪



   問題   しましましっぽ3本どれがどの子でしょ~?


   
08 12 13 1
                                  いつのも場所で日向ぼっこ中

   
08 12 13 2
                                      リビングでくつろぎ中

   
08 12 13 3
                                     タワーで日向ぼっこ中  


   サイドバーのメールフォームより、件名にハンドルネームを
   ご記入の上、お答えくださいm(_ _)m
   メールファームが使えない時はコメント欄の
   “管理者にだけ表示を許可する ”にチェックを入れて答えてくださいネ。
   閉めきりは17日(水)付けの答えまでとさせて頂きます。


   正解者多数の場合は抽選でお一人を選ばせてもらいます。
   出来たらジュニテトうーの誰かに抽選してもらおうと思ってます。できるかな・・・   
   本当は残念賞とかしたいのですが手抜きの私を許してくだせぇ“f(^□^;)

   
   
        追記:クイズ形式なので普段読み逃げの方も
            よっしゃ!っとこの際ご参加くださね♪




[2008/12/15 21:26] PIPI | TB(0) | CM(21)

美しいPIPIちゃん
天国でいつも見守ってくれています
愛されていることが写真からもわかります
寒い日だったんですね
天国はきっといつも温かでしょう。これからも
PIPIちゃんは
yamamiさんの心を温め続けてくれると思います。
[2008/12/16 01:41] おら [ 編集 ]

三年

ホント綺麗なコですね、PIPIちゃん。
最後の贈り物…うちも貰いました。最高の親孝行です。あの時の苦しさを思えば つらいこてなんて たいしたことない!って思える強さ。

きっと今頃、「おかあさん、身体大切にしてな。飲み過ぎはあかんで!」って笑ってますよ。
[2008/12/16 03:33] TORAねえちゃ [ 編集 ]

ほんとPIPIちゃん、べっぴんさんね。
それでやさしく他の猫さんの面倒もみて・・・・なんていいコなんでしょう。
PIPIちゃんは虹の橋を渡ってしまったけど、おかあさんとおとうさんのことを、じゅんたんとてんたんとうーたんに頼んでいると思うよ。
てんたんもうーたんもPIPIちゃんを知らないけど、私たちにはわからない猫語で交信してるはず。d(^-^)ネ!
てんたんとうーたんはPIPIちゃんがくれた贈り物なんだよ。きっとそうだ。


私ものりさんが死んでしまったらと時々考えると怖くなります。
離婚後の落ち込みも、のりさんによって癒してもらったからいないなんて考えられないのです。
でもいつかさよならする時が来るんだよね。
その時まで毎日うんとかわいがってあげようと思ってます。



[2008/12/16 08:44] のりみみ [ 編集 ]

私たち、猫に助けられることって多いですよね。
やはり猫と暮らすのって最高ですv-398
[2008/12/16 09:28] ふく [ 編集 ]

PIPIちゃんはいろんなものをくれたのね。
でもきっとそれはPIPIちゃんがyamamiさんにいろんなものをもらったからだよ。
yamamiさんの愛のお返しにPIPIちゃんも愛をくれたんだよね。
それはジュニテトうーの3にゃんもちゃんと分かってるね。
3にゃんと楽しく暮らすことが、PIPIちゃんへの一番の供養ですね。
[2008/12/16 10:12] うたえちゃん [ 編集 ]

私も亡くしたコのことを思うと、後悔で胸がいっぱいになります。
もっといろいろしてあげれたのに・・・て思います。
この気持ちは一生抱えていくものなんだろうなぁ、て思います。
でも、その気持ちがあるから、今いっしょにいるコたちに、出来るだけのことはしてあげたいって思えます。

甘えてるジュニアくんってなんだか新鮮でかわいいですね(^-^)
この頃は弟だったからいっぱい甘えてたのかな~♪
[2008/12/16 12:19] たれにゃんこ [ 編集 ]

そっか3年か......突然にいってしまったPIPIちゃん
PIPIちゃん突然はあかんのよ~
どうしても信じられなくって捜してしまうのよ
私も未だにジャネットを捜してしまう
名前も呼んでしまう....これはあまりにも
別れの時が突然だったから......
でもこうやってyamamiさんが記事に出来るのを見て
PIPIちゃん喜んでいるだろうな~。きっとそう思う!
だって私達の天使だもん、きっと私達が元気でいる事を
一番に喜んでくれるよね。
[2008/12/16 12:58] 猫娘 [ 編集 ]

私も今でも涙がでる。。。
ジュニアちゃんもyamamiさんと一緒に、何か乗り越えたような気がします。
ごめんね、職場なのでうまく言葉が出てきませんわ。
液晶のPIPIちゃんをなでてます。
[2008/12/16 13:17] Yomogi [ 編集 ]

PIPIちゃん、綺麗な猫さんですね。
今はしっかりモノのジュニアくんがお世話してもらってる姿とっても感動しました。

突然の別れは本当に辛いです。
私も哲学のことで毎日のように自分を責めていました。
PIPIちゃんの最後の贈り物、本当によかったですね。
きっとお空の上でPIPIちゃんも安心しているでしょうね。

[2008/12/16 13:37] おかか [ 編集 ]

突然のお別れは辛いよね…
ママさんは一ヶ月ぐらいの闘病があったけど
やっぱり覚悟なんて出来なかったよ
獣医さんが笑いながらハッピー糖尿だね~なんて言ってたから
まさか死んじゃうなんて思ってなかったし…
今でも色んな意味での後悔がいっぱい。
でもいつまでもその現実を乗り越えられずにいると
一番悲しいのはお空のうえにいる猫ちゃん達だからね
きっとPIPIちゃんもyamamiさんが何かを乗り越え
前向きになられた事を喜んでいると思います
今はクールなジュニア君も、PIPIちゃんには甘えてたんだね~♪
[2008/12/16 13:49] ナナのママ [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2008/12/16 14:59] - [ 編集 ]

PIPIちゃんの去年の記事。
今でも鮮明に覚えてます。
ちょうど、そっくりのケーを亡くしたばかりだったからかもしれませんが、突然の別れがいかに辛いかを、改めて考えさせられました。

きっと、今のyamamiさんのお宅の姿を、PIPIちゃんは喜んで見ているでしょうね。
笑ってるyamamiさんを見て、さらに喜んでいるはず。
うちの子たちとも、いつか別れる時が来ますが、その時までありったけの愛情を注いでおかなきゃって思いました!!

PIPIちゃんがあってこその、今のyamamiさんの猫ライフ!
感謝感謝です。

[2008/12/16 16:45] 桃饅頭 [ 編集 ]

私もPIPIちゃん似のベルを亡くした時
寂しい思いをさせたという後悔でいいっぱいでした。
それからイヴがやってきて、チャコ、レオンが生まれて
賑やかになったケド、亡くした子のことを考えない日はありませんでした。
でもね、その辛い思いがあったから
私も成長したと思ってるの。

yamamiさんも、PIPIちゃんのおかげで
成長したんだよね。
ホント感謝ですよね。
[2008/12/16 17:51] belles@maia.eonet.ne.jp イヴ [ 編集 ]

PIPIちゃん。
可愛いですね。

あぁ・・・。
私は猫飼い初めてで、どんなショックがあるのか?!
と・・・。
今からレオンがいなくなることを考えると悲しくなります。
でも、きっと悲しいだけじゃない思い出が残るんですよね。
[2008/12/16 19:42] パンダ [ 編集 ]

ずっと一緒だった子がある日突然いなくなって、それがあたりまえになって…不思議なものですよね。そのときはものすごく後悔して悲しくてやるせなくなるけど、時間とともに楽しかった思い出のほうが強くなるんですよね。でも…やっぱりみんなとはずっと一緒がいいな~って思っちゃいます。

[2008/12/16 21:02] べにゃ [ 編集 ]

“もしもああしていたら・・・”という事はどうしても考えてしまいますね。
でも後悔の経験があればこそ、今一緒にいる子が幸せであるように
努力が出来るとも思います。
PIPIちゃんがそういう形でyamamiさんの更なる幸せの鍵になっていれば、
きっと「我が猫生悔い無し」と言ってくれると思いますよ!

と書きつつ、過去一緒に暮らした猫がそう思ってくれているといいな~と
自分が思います。i-229
[2008/12/16 22:28] さんかくや [ 編集 ]

こんばんみ!!
いろんな辛い事あっても
頑張れる~ってゆー思いあるよね!
PIPIちゃんは今でもホントにyamamiさんの素敵なパートナーなんだね!
私も頑張るど!

[2008/12/16 22:36] とび [ 編集 ]

PIPIちゃん、たくさんの贈り物をyamamiさんにくれたんだね。
突然の別れはきっとPIPIちゃんも信じられなかった筈!
yamamiさんがこうして記事にできるようになったのは、PIPIちゃんが虹の橋で幸せに暮らすようになったからじゃないかなぁ。
いつかまたyamamiさんに会えるのを楽しみに♪
ウチの先代猫の「みるく」はちょっとPIPIちゃん似のシャムMIX。
乳がんで亡くしてもう10年ぐらいになるなぁ。
今でも思い出すと色々考えて辛いけど、私もたくさんの贈り物をもらったわ(*´∇`*)
きっとウチの子達のことを見守ってくれてるって信じてるし。
そう思うと心強いですよね(^_-)-☆
[2008/12/16 23:16] つくしママ [ 編集 ]

時間が全てを解決してくれるわけではありませんが、月日が経った今、楽しかった思い出ばかり思い出す私です。
先代猫のさゆりと亡き父が、悲しい思いをしないようにと仕向けてくれてるような気がします。
PIPIちゃん、きっと帰ってきますよ。
そろそろ、タイミングを見ている頃かも…。
また会う日のために、毎日を頑張りましょうね。
[2008/12/16 23:34] スージー [ 編集 ]

いつもコメントありがとうございます♪

★おら様
>愛されていることが写真からもわかります
寒い日だったんですね
 寒かったです。。。PIPIを抱いて外に出たときに
息が白かったことを覚えています。

>天国はきっといつも温かでしょう。
 お友達に『こんな冷たい土の中にはもうPIPIはいないよ』
って言ってもらったときにやっと埋めた場所から
自分の心が離れることができました。
今はきっと暖かい気持ちのいい場所にいるんでしょうね。

★TORAねえちゃ様
>最後の贈り物…うちも貰いました。最高の親孝行です。
あの時の苦しさを思えば つらいこてなんて たいしたことない!って思える強さ。
 そうですよね。少々のことは笑い飛ばせるように
なりました。

>きっと今頃、「おかあさん、身体大切にしてな。
飲み過ぎはあかんで!」って笑ってますよ。
 そうそう!PIPIがいた頃の方がよく飲んでいたし(^_^;)

★のりみみ様
>それでやさしく他の猫さんの面倒もみて・・・・
なんていいコなんでしょう。
 ずっと一人っ子で溺愛していたのでまさか
ジュニアをあんなに面倒みてくえるなんて
夢にも思いませんでした。

>PIPIちゃんは虹の橋を渡ってしまったけど、
おかあさんとおとうさんのことを、じゅんたんと
てんたんとうーたんに頼んでいると思うよ。
 PIPIが残っている子とこれから暮らしていくのに
どれだけ辛いことが訪れても耐えていける力を
私に与えてくれたんだと思います。

>離婚後の落ち込みも、のりさんによって
癒してもらったからいないなんて考えられないのです。
 ダンナは自分の父親が亡くなった時よりも辛いって
話をしていたことがありました。
私もいつかジュニテトうーとの別れがきます。
でも、私が看取ってあげられるのなら幸せだと思っています。
何があってもこの子達よりも1日長く生きなければって。

★ふく様
>私たち、猫に助けられることって多いですよね。
 うちなんてPIPIがいなかったら離婚していただろうし
今はジュニテトうーがいるから会話があるようなもの(^_^;)
どんな夫婦やねん・・・

★うたえちゃん様
>yamamiさんの愛のお返しにPIPIちゃんも愛をくれたんだよね。
 PIPIを拾った時は皮膚が見えないらいのノミで
耳ダニ、口内炎、肺炎と半年ほど病院に通いました。
結婚をし2回の引っ越しも一緒。
今でも一緒にいるような気がします。

★たれにゃんこ様
>もっといろいろしてあげれたのに・・・て思います。
この気持ちは一生抱えていくものなんだろうなぁ、て思います。
 抱えていきながら同じ後悔をしたくないと後の子を
大切に出来るのかもしれませんね。
後悔のない別れなんてないのかもしれませんが
一緒にいる限り一緒にいられる喜びを感じたいですね。

>甘えてるジュニアくんってなんだか新鮮でかわいいですね(^-^)
 ジュニアのことはすごくかわいがってくれました。
9歳の雄猫がこれだけ世話をしてくれるのかと
いつも関心していたくらいでした。

★猫娘様
>PIPIちゃん突然はあかんのよ~
どうしても信じられなくって捜してしまうのよ
私も未だにジャネットを捜してしまう
名前も呼んでしまう....これはあまりにも
別れの時が突然だったから......
 いまだに名前を呼んでしまうよね。うち4匹のはず?
ん?4匹?違う3匹!なんて考えることあるくらい。
ダンナがね、PIPIは私のいない間に死んだりしたら
きっと後悔や辛さで立ち直れないかもしれないから
私が一人の時に私の目の前で逝ったんだと思う。
それが1番、自分と私との別れにふさわしいって
思ってたんやわ。って言われたよ。

>きっと私達が元気でいる事を
一番に喜んでくれるよね。
 今いる子達より何がなんでも1日は長く生きないとね!

★Yomogi様
>ジュニアちゃんもyamamiさんと一緒に、
何か乗り越えたような気がします。
 一つの命を失うことはとても辛いことです。
でも、その命のお陰で少し優しく、強く成長させて
もらったのだと今では思っています。

★おかか様
>今はしっかりモノのジュニアくんが
お世話してもらってる姿とっても感動しました。
 PIPIと私とで溺愛しました(^_^;)
私が家事をしていてジュニアが抱っこをせがんで
鳴いているのを無視していると抱っこしてあげてって
お願いする瞳が今でも忘れられません。

>突然の別れは本当に辛いです。
私も哲学のことで毎日のように自分を責めていました。
 おかかさんの苦しみが痛いほどわかるので
哲学さんの時は私もショックでした。
哲学さんもきっとPIPIと同じで死ぬ時を選んだのだと思います。
おかかさんがいない時に逝ってしまったらおかかさんが
もっともっと後悔をして苦しむから
おかかさんのいる時を選んだのだと思います。


いったん送信です。
[2008/12/17 11:32] yamami [ 編集 ]

コメントありがとうございますm(_ _)m

★ナナのママ様
>突然のお別れは辛いよね…
 最初の頃は他の方は闘病生活があるだけ
羨ましいなんて思ったこともありました。
違うのよね。突然も闘病もどっちも失ってしまうと
辛さと後悔しか残らないものなのよね。
辛さは同じなんですよね。

>今はクールなジュニア君も、PIPIちゃんには甘えてたんだね~♪
 もともとPIPIと私で溺愛をしてしまったジュニアは
猫にはクールなんですが人間には甘えたで
超!わがままなんです(>_<)

カギコメ様★
 ありがとうございますm(_ _)m
PIPIと一緒にいた頃以上の幸せを感じる人生を送らないと
PIPIも心配していつまでも成仏できなくなってしまいますね。
それはダメだわ!

お答え受け付けましたm(_ _)m

★桃饅頭様
>きっと、今のyamamiさんのお宅の姿を、
PIPIちゃんは喜んで見ているでしょうね。
 私は、いまだに帰宅するといつもPIPIが待っていた所に
目がいってしまいます。
最初の頃はそれが寂しかったのですが
今はそれでいいと思えるようになりました。
自分で探さないようになるまで無理をする必要はないと。

>うちの子たちとも、いつか別れる時が来ますが、
その時までありったけの愛情を注いでおかなきゃって思いました!!
 去ってからは何もしてあげられないですもんね。
一緒に暮らしている喜びをお互いに感じながら
生きていきましょう(^^)/

★イヴ様
>私もPIPIちゃん似のベルを亡くした時
寂しい思いをさせたという後悔でいいっぱいでした。
 初めてイヴさんのブログにお伺いした時に
PIPI似の子の写真を見て懐かしいやら嬉しいやら。
私も若い頃から一緒だったのでつい遊びを優先して
寂しい思いもたくさんさせてしまいました。

>それからイヴがやってきて、チャコ、レオンが生まれて
賑やかになったケド、亡くした子のことを考えない日はありませんでした。
でもね、その辛い思いがあったから
私も成長したと思ってるの。
 辛い出来事でしたが少し優しくなれて少し強くなった
ような気がします。
動物と暮らすって素晴らしいことですよね。

★パンダ様
>今からレオンがいなくなることを考えると悲しくなります。
でも、きっと悲しいだけじゃない思い出が残るんですよね。
 たくさんの思い出を残してくれるはずです!
それに愛猫を看取ることが出来るってきっと
幸せなことだと思います。
そう思うといつまでも健康で愛猫より絶対に1日は
長く生きるぞ!って思います(^_^)


またまたいったん送信です。
[2008/12/17 17:07] yamami [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yamaminoharetaraiine.blog.fc2.com/tb.php/512-be3ce5f1